横断幕について気にするようになった

横断幕といえばスポーツの大会

Link



n3 logo

2011/6/29

更新



遠くの方から見ても見やすい横断幕

横断幕 といえば、やはりスポーツの応援するためのアイテムだと思います。私も学生のとき、スポーツをやっていたのですが、応援する側だと、これがあると、応援にさらに力がはいるし、選手になると、これが本当に、遠くからでもよく見えるので、頑張ろうっていう気になれるんです。

横長の布に応援するメッセージを書き込み、それを掲げながら、みんな一丸になって応援をするんです。

応援にもさらに力が入ります。学生のとき以外にも、私は競馬場で、この横断幕を張ったことがあります。

大好きな馬を応援するために、パドックに好きな馬を応援するメッセージを書き込んだものを張りました。

当然、馬は字が読めないので、特に気にするところはありませんでしたが、何とか、自分の想いを伝える事ができ、私はとても満足しました。

応援以外にも、マンションの分譲の広告用として張られ、橋や歩道橋に、交通安全の内容が書かれたものが張られているのも見たことがあります。この横断幕は色々な利用方法があるのだと思います。

遠くの方から見ても見やすい横断幕は、応援の際に、声では届かないところにいても、これがあれば、想いが届くと思います。

広告として利用しても、応援として利用しても、本当に役立つアイテムだと思います。

きれいに作られた横断幕

横断幕といえばスポーツの大会を思い出します。スポーツの大会で、これは、必須のアイテムです。

これがあるからスポーツの大会が盛り上がるという部分があります。いろんなスポーツの大会で必ず見かけます。

すごいのは、オリンピック会場です。海外で行われている試合なのに、日本語で書かれたものをよく見かけるのです。

日本の選手が金メダル候補である競技では、必ずといっていいほど、有ります。それを見ると、驚きます。日本ではないのです。

遠く離れた海外からの衛星中継なのに、その画面に、日本語が見えるのです。しかも、きれいに作られた横断幕まで混じっているのです。

驚きますが、それと同時に、感激も起こります。こんな遠い国まで、応援に行っている連中がいるということに感激するわけです。

この横断幕って、おそらく選手からも見えるし、また、これを作るような人は、会場で、日本語で大声で応援しているはずだから、選手の励みになるのは間違いないと思います。

柔道の試合には、これをよく見ます。国技であること、格闘技であることから、応援している人も、熱が入るのだと思います。

といえば、スポーツの大会ですが、海外で見るオリンピックの中で日本語のものを見るとき、一番驚き、感激します。

これは、スポーツの祭典の中で、一番大きく、一番勝って欲しいとみんなが願うのがオリンピックだからではないかなって思います。一番、注目度の高いスポーツの大会がオリンピックだからです。

横断幕で注意を呼びかける

横断幕といえば、交通ルール。私はそれがイコールで結ばれます。

よく歩道橋に張られているのを見かけます。スピードを落とせとか、歩行者注意とか。運転をしていると、遠くを見るようになりますから、かなりの遠くからの距離でも見ることが出来ます。

でももうちょっと工夫は出来ないものでしょうか?ありきたりすぎて、無視されることだってあると思うのです。

注意喚起や交通の標語などがある場合が多いと思います。横断幕ってもっと工夫次第では色々使えるのではないかなと思うのです。

それを見て、注意しなければいけないって思う人はそんなにいないと思うのです。

だからこそ、目立つ努力をするべきだと思います。私が大嫌いな歩きたばこ。命に係わる場合だってあります。

それを知らないマナー違反の喫煙者が多すぎると思うのです。赤ちゃんや喘息を持っている子ども、妊娠中の人、薬を飲んでいて、受動喫煙を避けなければいけない人、または化学物質過敏症の人もいます。

横断幕で注意を呼びかけることだってできると思うのです。

有効的な横断幕の利用方法があると思います。出来れば、人に優しく、安心して住むことが出来る環境に整えるために必要なものになってほしいなと思います。

横断幕を探すようになりました

横断幕といえばと言えば、ワタシは、最初、それに関して考えるようになった頃は、普段の生活では、夫の勤めている会社の工場の入り口くらいでしか見かけないのではないかな?なんて思ったりしていました。

また、テレビではマラソンの応援の時とかにも見かけるとも思っていたのですが、本当にその程度の感じでしか思っていなくて、あまり利用されない物のようなイメージをそれに対して抱いていました。

ですが、実はそれは違っていて、結構気にし出すと、色々な所で横断幕を見かけるようになりました。

もちろん、夫の勤めている会社の工場でも見るのですが、それだけではなく、本社の入り口の所でも見たりするし、また、コンビニでも見かけるようになっていました。

という事で、横断幕について気にするようになって、ワタシは、ただワタシが気にしてこなかっただけなのではないか?なんて思ってしまいました。

やはり、気にしていないと、見てはいるのだけれど、認識しない状態になってしまうのではないかな?なんて思うからです。

という事で、ワタシは、それ以来、外出する時は、いつもではないにせよ、横断幕を探すようになりました。正確には、周りを見るように心がけるようになった、という感じなのですが、そのようになってからの方が、数段それを見つけることが増えたような気がします。